【和訳/歌詞/カナルビ】シウミン – 理由 (You)

理由 (You)

シウミン

作詞 ソンゴウン(MonoTree) 作曲 ソンゴウン(MonoTree) 編曲 ソンゴウン(MonoTree)



수많은 소음들 멈춰진 방안에
スマヌン ソウンドゥル モンチョジン パンアネ

たくさんの騒音が止まった部屋の中で

조용히 눈을 감아
チョヨンヒ ヌヌル カマ

静かに目をつぶる

그리고 생각해 늘 함께 있는 널
クリゴ センガッケ ヌル ハンケインヌンノル

そして考える いつも一緒にいる君を

어떤 생각이 나를 혼자만 남길 때
オットン センガギ ナル ホンジャマン ナンギルテ

とある考えが僕を一人ぼっちにしてしまう時

우릴 떠올려
ウリル トオルリョ

僕たちを思い出す

이 불빛 가득 우리의
イプルピッ カドゥッ ウリエ

この明かり一杯に僕らの

온기가 날 감싸 안아
オンギガ ナル カンサアナ

温もりが僕を包み込むよ

다가와줄래 조금 더 가까이
タガワジュレ チョグン ト カッカイ

近くに来て もう少し近くに

이렇게 네 곁에 머물고 싶어
イロッケ ニギョテ モムルゴシッポ

こうやって君のそばにいたいよ

말하지 않아도 괜찮아
マラジアナド ケンチャナ

言葉にしなくても大丈夫

네 눈을 보면 알 수 있어 다 느껴져
ニヌヌル ポミョン アルスイッソ タ ヌッキョジョ

君の目を見れば分かるよ 全部感じられる

바라봐줄래 내 안에 빛나는
パラバジュレ ネアネ ピンナヌン

見つめて欲しい 僕の中で輝く

더없이 아름다운 사람
トオプシ アルンダウン サラン

これ以上ないほどの美しい人

너는 내가 걷는 모든 이유
ノヌン ネガコンヌン モドゥン イユ

君は僕が歩む全ての理由

오래된 이야기 나눴던 웃음들
オデデン イヤギ ナノットン ウスンドゥル

思い出話を分かち合った笑顔

고마운 너의 마음
コマウン ノエ マウン

君の気持ちに感謝するよ

넌 나보다 날 더
ノン ナポダ ナル ト

君は僕より 僕をもっと

잘 아는 것 같아 신기해
チャルアヌンゴッカッタ シンギヘ

もっとよく知っているようで 不思議なんだ

어떤 누군가 너를 지치게 만들 때
オットン ヌグンガ ノル チチゲ マンドゥルテ

どこかの誰かが君を苦しめる時

우릴 떠올려
ウリル トオルリョ

僕らを思い出して

이 노래처럼 너를 더
イノレチョロン ノル ト

この歌のように 君をもっと

따스히 안아줄 거야
タスヒ アナジュルコヤ

温かく抱きしめてあげるから

다가와줄래 조금 더 가까이
タガワジュレ チョグン ト カッカイ

近くに来て もう少し近くに

이렇게 네 곁에 머물고 싶어
イロッケ ニギョテ モムルゴシッポ

こうやって君のそばにいたいよ

말하지 않아도 괜찮아
マラジアナド ケンチャナ

言葉にしなくても大丈夫

네 눈을 보면 알 수 있어 다 느껴져
ニヌヌル ポミョン アルスイッソ タ ヌッキョジョ

君の目を見れば分かるよ 全部感じられる

바라봐줄래 내 안에 빛나는
パラバジュレ ネアネ ピンナヌン

見つめて欲しい 僕の中で輝く

더없이 아름다운 사람
トオプシ アルンダウン サラン

これ以上ないほどの美しい人

너는 내가 걷는 모든 이유니까
ノヌン ネガ コンヌン モドゥン イユニカ

君は僕が歩む全ての理由

어떤 이유도 없어 너를 사랑하는 건
オットン イユドオプソ ノル サランハヌン ゴン

何の理由もないよ 君を愛するという事は

다른 사람보다 널 내 마음
タルン サランポダ ノル ネマウン

他の人よりも君に僕の心の

가장 큰 자릴 주고 싶어
カジャンクン チャリル チュゴシッポ

一番たくさんの居場所をあげたいんだ

다가와줄래 조금 더
タガワジュレ チョグン ト

近くに来て もう少し近くに

더 오래 네 곁에 머물고 싶어
ト オレ ニギョテ モムルゴシッポ

もっと長く君のそばにいたいよ

말하지 않아도 괜찮아
マラジアナド ケンチャナ

言葉にしなくても大丈夫

네 눈을 보면 알 수 있어 다 느껴져
ニヌヌル ポミョン アルスイッソ タ ヌッキョジョ

君の目を見れば分かるよ 全部感じられる

바라봐줄래 내 안에 빛나는
パラバジュレ ネアネ ピンナヌン

見つめて欲しい 僕の中で輝く

더없이 아름다운 사람
トオプシ アルンダウン サラン

これ以上ないほどの美しい人

너는 내가 걷는 모든 이유
ノヌン ネガ コンヌン モドゥン イユ

君は僕が歩む全ての理由

5月7日、ついに入隊したシウミン。

この歌はファンに向けたメッセージですね。

約二年にわたる長い軍生活ですが、無事に頑張ってきてほしいですね!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする