【和訳/歌詞/カナルビ】N.Flying(エヌフライング) ー Spring Memories(春が眩しい)

Spring Memories(春が眩しい)

N.Flying(エヌフライング)

作詞 J.DON , ハンソンホ 作曲 J.DON , キムスビン 編曲 J.DON , キムスビン



네게 딱 어울리는 날이야
ネゲ タッ オウリヌン ナリヤ

君にピッタリの日だ

밤과 낮의 온도 차이가
パンガ ナジェ オンドチャイガ

夜と昼の温度差が

널 설명하고 있단 말이야
ノルソルミョンハゴ イッタンマリヤ

君を説明してるって事

조심을 해야 할 것 같단 말이야
チョシムル ヘヤハルコッカッタン マリヤ

気を付けなきゃいけない気がするって事さ

우린 불같이 사랑을 줬고
ウリン プルカッチ サランウル チョッコ

僕らは火のように愛を与え

눈 이불 아래에서 덮여
ヌンイブル アレエソ トッピョ

雪の布団を下からかぶり

식어가는 영화를 감상 중이야
シゴガヌン ヨンファル カンサンチュンイヤ

冷めていく映画を鑑賞中さ

매번 그런 것처럼
メボンクロンゴッチョロン

毎回同じように

눈부시게 홀가분한데 뭔가 어색해
ヌンブシゲ ホルガブナンデ モンガ オセッケ

眩しいくらい気楽なのに 何かおかしい

너를 보는 벅찬 내 표정과 같이
ノル ポヌン ポクチャン ネピョジョンガ カッチ

君を見る複雑な僕の表情のように

사무치게 아름답네
サムジゲ アルンダンネ

染みわたるほど美しい

안아줄래
アナジュレ

抱きしめて欲しい

HOW MANY TIME

몇 번이나
ミョッポニナ

何回も

HOW MANY TIME

심장BPM
シンジャンBPM

心臓BPM

쿵 쿵 쿵
クンクンクン

ドキドキドキ

우린 낙엽처럼 물들어가는 꿈
ウリン ナギョッチョロン ムルドゥロガヌン クン

僕らは紅葉のように染まっていく夢

하얀 풍차처럼 돌아가려는 중
ハヤン プンチャチョロン トラガリョヌン チュン

白い風車のように回っていく途中

둥둥 떠 있는 반쪽짜리 달이
トゥンドゥン トインヌン パンチョッチャリ タリ

プカプカ浮いてる 半分の月が

눈부신 봄에 활짝 피지
ヌンブリン ポメ ファルチャ ピジ

眩しい春にパッと咲くんだ

넌지시 넌 내가 되고 싶다며
ノンジシ ノン ネガ テゴシッタミョ

それとなく 君は僕になりたいって

꾹꾹 채워 넣자 서로를 비운 자리
クックッ チェウォノッチャ ソロル ピウンチャリ

ぎゅっと詰めておこう お互いの空席を

내가 널 위로해줄 테니 그때 우리처럼
ネガノル ウィロヘジュルテニ クッテ ウリチョロン

僕が君を慰めるから あの時の僕らのように

봄 부신 날에
ポン ブシンナレ

春が眩しい日に

네게 딱 어울리는 나야
ネゲ タッオウリヌン ナヤ

君にピッタリの日だ

바람같이 주위를 항상
パランカッチ チュイル ハンサン

風のようにいつも周りを

계속 함께하고 싶단 말이야
ケソッ ハンケハゴ シッタン マリヤ

ずっと一緒にいたいって事さ

반쪽을 채워 주고 싶단 말이야
パンチョグル チェウォジュゴシッタン マリヤ

半分を埋めてあげたいって事さ

우린 둘같이 서로를 나눴고
ウリン トゥルカッチ ソロル ナノッコ

僕たちは 二人一緒にお互いを分け合って

이해라는 단어에 안겨
イヘラヌン タノエ アンギョ

理解という単語に抱かれ

굳어가는 맘을 녹이는 중이야
クドガヌン マムル ノギヌン チュンイヤ

固まっていく心を溶かしていく途中

매번 그럴 것처럼
メボンクロルコッチョロン

毎回同じように

우린 낙엽처럼 물들어가는 꿈
ウリン ナギョッチョロン ムルドゥロガヌン クン

僕らは紅葉のように染まっていく夢

하얀 풍차처럼 돌아가려는 중
ハヤン プンチャチョロン トラガリョヌン チュン

白い風車のように回っていく途中

둥둥 떠 있는 반쪽짜리 달이
トゥンドゥン トインヌン パンチョッチャリ タリ

プカプカ浮いてる 半分の月が

눈부신 봄에 활짝 피지
ヌンブシン ポメ ファルチャ ピジ

眩しい春にパッと咲くんだ

넌지시 넌 내가 되고 싶다며
ノンジシ ノン ネガ テゴシッタミョ

それとなく 君は僕になりたいって

꾹꾹 채워 넣자 서로를 비운 자리
クックッ チェウォノッチャ ソロル ピウン チャリ

ぎゅっと詰めておこう お互いの空席を

내가 널 위로해줄 테니 그때 우리처럼
ネガノル ウィロヘジュルテニ クッテ ウリチョロン

僕が君を慰めるから あの時の僕らのように

봄 부신 날에
ポンブシンナレ

春が眩しい日に

처음 같진 않지만 언제나 눈부셨던 너
チョウンカッチン アンチマン オンジェナ ヌンブショットン ノ

初めてじゃないかのように いつも眩しかった君

거짓말 같지 같은 날에 우리
コジンマル カッチ カットゥン ナレ ウリ

嘘みたいに 同じ日に僕ら

영원히 봄이 부시게
ヨンウォニ ポミ プシゲ

永遠に春が眩しいように

처음 같진 않지만 언제나 눈부셨던 봄
チョウン カッチン アンチマン オンジェナ ヌンブショットン ポン

初めてじゃないかのように いつも眩しかった春

거짓말 같지 같은 날에 우리 영원히 봄에
コジンマルカッチ カットゥン ナレ ウリ ヨンウォニ ポメ

嘘のように 同じに 僕ら 永遠に春に

둥둥 떠 있는 반쪽짜리 달이
トゥンドゥン トインヌン パンチョッチャリ タリ

プカプカ浮いてる 半分の月が

눈부신 봄에 활짝 피지
ヌンブシン ポメ ファルチャ ピジ

眩しい春にパッと咲くんだ

넌지시 넌 내가 되고 싶다며
ノンジシ ノン ネガ テゴシッタミョ

それとなく 君は僕になりたいって

꾹꾹 채워 넣자 서로를 비운 자리
クックッ チェウォノッチャ ソロル ピウン チャリ

ぎゅっと詰めておこう お互いの空席を

내가 널 위로해줄 테니 그때 우리처럼
ネガノル ウィロヘジュルテニ クッテ ウリチョロン

僕が君を慰めるから あの時の僕らのように

봄 부신 날에
ポンブシン ナレ

春が眩しい日に