〔和訳/歌詞/カナルビ〕ドラマ『魔性の喜び』OST ソンダム ー季節

ドラマ『魔性の喜び』

チェ・ジニョク主演

有名企業の御曹司であるマソン(チェ・ジニョク)は、

ある日、事故に遭ってしまい、後遺症を患う事になってしまいます。

その後遺症とは、毎日記憶が失われていくというもの・・・。

一方で国民的女優として人気を集めていたキップム(ソン・ハユン)。

しかし、キップンは大スキャンダルに巻き込まれ、

人目を避けるように芸能界から立ち去るのでした・・・。

そんな二人が出会い、新たな運命に直面していくストーリーです。

チェ・ジニョクさんはいつ見てもイケメンだな~と思うのですが、

同時にいつも思うのがちょっと顔が大きい・・・。

でも本当にカッコいいですよね!!!

ソンダム-계절(ケジョル) 季節

魔性の喜びOST Part 2
作詞 ソンダム 作曲 ソンダム 編曲 チョ・アラム



따뜻했던 어제의 온도가 변해버린 오늘
タットゥッテットン オジェエ オンドガ ピョネボリン オヌル

暖かかった昨日の温度が変わってしまった今日

너와 내가 잡았던 두 손의 온기도 사라져
ノワネガ チャバットン トゥソネ オンキガ サラジョ

あなたと私が繋いでいた二つの手の温もりも消えて

아마 아무도 몰래 변하고 있었을거야
アマ アマド モルレ ピョナゴ イッソッスルコヤ

多分 多分知らない間に変わっていたんだわ

이 계절도, 너도, 나도, 사랑도
イケジョルド ノド ナド サランド

この季節も、あなたも、私も、愛も

그냥 바람이 차가운건데
クニャン パラミ チャガウンゴンデ

ただ風が冷たいだけなのに

여전히 두손 꼭 잡고 있는데
ヨジョニ トゥソン コッ チャッコインヌンデ

今も両手をぎゅっと掴んでいるのに

왜 눈물이 날까
ウェ ヌンムリ ナルカ

何で涙が出るんだろう

봄 처럼 몰래 내 마음에 들어와
ポンチョロン モルレ ネ マウメ トゥロワ

春みたいに知らないうちに私の心に入ってきて

여름처럼 뜨겁게 서로 사랑을 하다가
ヨルンチョロン トゥゴッケ ソロ サランウル ハダガ

夏みたいに熱くお互いを愛し

가을같은 허전함이 마음에 자라고 있어도 몰라
カウルカットゥン ホジョナミ マウメ チャラゴイッソド モルラ

秋のように空しさが心に芽生えてても知らず

겨울이 되야 다 사라짐을 우린 느끼네
キョウリ テヤ タ サラジムル ウリン ヌキネ

冬になってやっと消えてしまった事を私たちは感じるのね

그냥 바람이 차가운건데
クニャン パラミ チャガウンゴンデ

ただ風が冷たいだけなのに

여전히 두손 꼭 잡고 있는데
ヨジョニ トゥソン コッ チャッコインヌンデ

今も両手をぎゅっと掴んでいるのに

왜 눈물이 날까
ウェ ヌンムリナルカ

何で涙が出るんだろう

봄 처럼 몰래 내 마음에 들어와
ポンチョロン モルレ ネマウメ トゥロワ

春みたいに知らないうちに私の心に入ってきて

여름처럼 뜨겁게 서로 사랑을 하다가
ヨルンチョロン トゥゴッケ ソロ サランウル ハダガ

夏みたいに熱くお互いを愛し

가을같은 허전함이 마음에 자라고 있어도 몰라
カウルカットゥン ホジョナミ マウメ チャラゴ イッソド モルラ

秋のように空しさが心に芽生えてても知らず

겨울이 되어 다 사라지는 우리
キョウリ テヤ タ サラジヌン ウリ

冬になってやっと消えて行く私たち

바람처럼 내 곁엔 항상 니가 불었었는데
パランチョロン ネキョテン ハンサン ニガ プロッソンヌンデ

風のように私の横にはいつもあなたが吹いていたのに

그 바람이 내 세상에서 가장 간지러웠는데
ク パラミ ネ セサンエソ カジャン カンジロウォンヌンデ

その風が私の世界で一番くすぐったかったのに

살을 벨듯 불어오는 바람도 너로부터라서
サル ペルドゥ プロオヌン パランド ノロプトラソ

肌をそぐように吹く風もあなたからで

나의 오늘은 그 어떤 날보다 차갑다
ナエ オヌルン ク オットン ナルポダ チャガッタ

私の今日は他のどんな日よりも冷たい

따뜻했던 어제의 온도가 변해버린 오늘..
タットゥッテットン オジェエ オンドガ ピョネボリン オヌル

暖かかった機能の温度が変わってしまった今日・・・

本当に切ない歌詞ですね・・・。

夏から秋に向かっている今、

季節の変わり目に聞くとストンと心に染みていくような歌詞とソンダムの綺麗な声でした。

確かに秋が近づくと、どこか寂しい気持ちがしますもんね~。

ソンダムは画像を検索しても出てきませんでしたね。

初めての自作曲みたいです。

とっても素敵な曲です。

この曲は『魔性の喜び』第五話で流れるようですよ。

☆和訳のリクエストも随時受け付けております!
お問い合わせから気軽にどうぞ(^_-)-☆